『よしま』山荘【ブログ編】

初フルでサブ4、次走はサブ315を撃沈するも、何とかサブ3.5を達成。そして、その後は・・・。只今、ぼちぼち走ります。 

初めてのフルマラソンでサブ4達成!⑨

10月22日(土)、遂に京都木津川マラソンのフルを申し込んでしまった。
後はどうやってフルマラソンを走れる体にするか迷い、とりあえず、まずはハーフマラソンを走ることにした。
いろいろ探して検討した結果、12月11日(日)に開催する、第39回 ”日本のへそ”西脇子午線マラソン大会に決定し、10月25日(火)に申し込んだ。
場所はちょっと遠いが、大きな公園で開催する周回コースのハーフマラソンは遠慮したいため、この大会に決定した。
 
ハーフマラソンまでは、後1ヶ月半ほどしかないが、その前に既に申し込んであった、貝塚二色の浜ビーチ&パークラン2016が、11月6日(日)に控えていた。
このマラソン大会は昨年から始まったものであり、息子が昨年、マラソン大会におけるデビュー戦でもあった。
結果は小学生3~6年生の男子の部2kmで、まだ息子は小学4年生であったが、37名中4位と健闘した。
表彰は残念ながら3位までであり、息子はかなり悔しかったようである。
ちなみにわたしは、このとき走っていない。
 
 
 
11月6日(日)の貝塚二色の浜ビーチ&パークラン2017では、まず息子が昨年と同じ2kmの部を走り、結果は98名中、10位であった。
習い事で忙しく、ほとんど練習ができなかったが、よく頑張った。
 
次はとうとう、わたしの出番となり、4kmの部がスタートした。
この大会は、名前の通りに公園の丘を掛け上がっては下ったり、浜辺の砂浜を走るという、なかなかハードなものである。
目標の20分を切れるか、とても不安であったが、前回の親子ペアの教訓もあり、スタートからはペースを抑えた。
その結果、今回は失速することがなかった。
ちなみに結果は20分を十分に切れ、36名中、5位という好結果であった。
 
 
この4kmの大会も終わると、12月11日(日)のハーフマラソンは、後1ヶ月ほどとなる。
そのため、今後は走る距離を延ばして、練習を積むこととなる。
しかし、10km以上の距離を走ると、両膝の痛みが毎回発生し、非常に困ったものであった。
いろいろとネットで膝の痛みについて調べてみると、氷水で膝をアイシングすると良いとのことであった。
今後、走った後は、保冷剤で冷やす日々が続く。
 
又、ネットで調べると、走った後にはたんぱく質の摂取で筋肉の回復、糖質の摂取でグリコーゲンを回復すると、翌日の疲労が軽減されるらしい。
ということで、ウイダー リカバリー パワー プロテイン(ピーチ味)1.02kgを早速購入し、走った後は直ぐに摂るようにした。
効果ははっきりとは分からないが、飲まなかった場合、筋力と疲労の回復が、もっと遅れたことであろう。
 
11月14日(月)には、思い切って23.0kmを走ってみた。
一度ハーフマラソンの距離以上を走りたかったので、11.3kmのコースを2周ほど走って試してみた。
1周目が終わった時点でかなり疲れていたが、2周目はしんどい中でもペースを落とさず最後まで走れた。
これにより本番に向けて、かなり自信となった。
 
ハーフマラソンの目標は2時間以内としていたので、ちょっと光明が見えてきた。
 
つづく