『よしま』山荘【ブログ編】

初フルでサブ4、次走はサブ315を撃沈するも、何とかサブ3.5を達成。そして、その後は・・・。只今、ぼちぼち走ります。 

初めてのフルマラソンでサブ4達成!⑫

12月11日(日)の第39回 ”日本のへそ”西脇子午線マラソン大会で初めてハーフマラソンを走り、目標としていた2時間切りよりも早い、1時間50分を切ることができた。
 
1ヶ月半ほど前のフルマラソンを申し込んでからネットをみると、初めてのフルマラソンでサブ4達成は難しいことが分かった。
当初はサブ5、良くてサブ4.5が達成できればと思っていた。
更にサブ4について、いろいろ調べていくと、昨年の東京マラソンでは、オリエンタルラジオの藤森慎吾が初めてのフルマラソンで、3時間53分51秒(ネット)という素晴らしいタイムで完走していた。
わたしより一回りほど若い32歳のときであったが、パーフェクトヒューマンで忙しい中、よくぞサブ4が達成できたと感心してしまった。
だが、感心する一方、わたしもサブ4を達成したいという欲求に駆られ、勝手であるが藤森慎吾にライバル心が生まれていた。
 
 

f:id:yoshima531:20170613053922j:plain

 
ハーフマラソンでは思っていた以上の結果に喜び、今後はサブ4に向けて練習へのモチベーションがアップした。
早速、距離を延ばして練習といきたいところであったが、一週間後には、第9回 二色の浜マラソン大会が控えていた。
この大会は1年前に息子が5位となり表彰され、今回はわたしも走るか悩んでいた。
 
先月、11月12日(土)の第4回 ふれあい小学生陸上競技大会で息子が800mとジャベリックボール投げに参加し、ジャベリックボール投げでは38名中、6位となった。
しかし、このとき息子は10位以下くらいだと言っていたので、娘の調子も悪く途中で帰宅してしまった。(6位まで表彰)
後日、6位だったと分かり問い合わせると、賞状は次の二色の浜マラソン大会でお渡しできるというので、息子とわたしは参加することにした。
 
ハーフマラソンから1週間あれば体調も回復できると思ったが、思っていた以上に両膝のダメージがあり、ハーフマラソンから3日後に練習が再開できた。
 
12月18日(日)の二色の浜マラソン大会は、数日前に息子がやっとインフルエンザから回復したばかりなので、わたし一人が行くこととなった。
この大会はほとんどの大人が20kmの部を走り、わたしが走る4kmの部(40歳以上)は8名だけの参加であった。
わたしは5位であったが6位までが表彰され、マラソン大会で初めて賞状を頂いた。
又、ジャベリックボール投げの賞状も頂き、お礼とお詫びを申し上げた。
 
それから、スタート前ではJ:COMが来ており、わたしはインタビューに答えた。
目標はと聞かれ、17分を切ると言ってしまったが、どうも体が重く遠く及ばなかった。
一週間後に放送があるといっていたが、我が家は数年前にJ:COMからeo光に変えてしまったので、残念ながら見ることができなかった。
 
 
これで、フルマラソンの京都木津川マラソンまでは、出場する大会はなく、後は距離を積む練習で、長い距離に対応できるように試行錯誤の連続となる。
12月の延べ走行距離は200kmほど行きたかったが、およそ164kmで程遠い状況であった。
 
つづく