『よしま』山荘【マラソン編】

マラソンと日常を綴るブログとなります。 ホームページ『よしま』山荘 から、【マラソン編】のブログです。 初フルは、3.5ヶ月の練習で、サブ4を達成!  次走では、サブ3.5を達成! 今後もレベルアップしたいが・・・。

run旅 vol.1 『海』

いきなり昨日の4/15(土)から始まった。
「気になって、気が向いて、気に入った場所へ、週末のrunningによって長い距離を、気長に、気ままに、元気に旅する」、通称「run旅」。
 
今回の記念すべき第1回は、『海』を目指して走ることにした。
『山』も考えたが、いきなり長距離の上りは辛いので、走りやすそうな海へgo、go~。
 
「run旅」とは、地元周辺からrunningをして、ある目的地を目指した旅のことである。
旅先でランニングをする「旅ラン」とは、全く別ものである。(どうでもいいか
 
計画は前日の4/14(金)に行い、翌4/15(土)の早朝、実行に移した。
『海』を見る場所は、事前におよその目途を付け、後は気まま(適当)に走ることとした。
『海』が見える場所は、地元から近い距離となる、泉大津マリーナ付近である。
 
出発地点としては、何度もお世話になっている光明池守護神社から。
光明池は灌漑用のため池であり、昭和初期に完成した。
近くには雨乞蛙の銅像もある。
この雨乞蛙はかなりの大きさであるが、このカエルを見ると、いつも心が癒される。
 
雨乞蛙
 

光明池守護神社
 
「run旅」を始めることにしたのは、一週間前の「ふれ愛3時間走・光明池」に参加したことがきっかけである。
この大会で、ある程度の走力がついてきたのが実感でき、今後はサブ3.5を目標に練習をすることにした。
 
但し、サブ3.5=練習がきつい=辛い=面白くない=長続きしない=終了。
といったことになりかねないので、何とか楽しく、面白く、長続きできないかと思い、「run旅」をすることにした。
 
最近、読んだ本では、ペース走やビルドアップ走といったポイント練習は、週に1回のみで良いと書かれていた。
あまり無理した練習を続けると疲労が溜まり、怪我もしやすくなるというので、この考えはとても共感できた。
 
他の日の練習については、週末にゆっくりとしたロング走や、平日は疲労抜きのジョグ程度で良いと書かれていた。
そして、このロング走を、「run旅」にすることとした。
 
早速、出発すると、今までの練習では、決めたコースのタイムやペースを、気にして走っていたが、今回はしんどくない程度のゆっくりとしたペースであり、時間も気にせず走れる。
 
今まで車で走っていた道も、ランニングではまた違った見方となり、景色はとても新鮮で、走っていて楽しかった。
この「run旅」では、どれくらい走るのか思案し、とりあえず時間では2時間~3時間、距離では20km~30kmとした。
 
今回の目的地とした『海』が見える泉大津アリーナまでは、およそ10kmであった。
 
泉大津アリーナからの大阪湾
 
海を見て、爽やかな気分になり、後は戻ることになるが、同じ道では面白くないため、違う道で戻ることにした。
当初は知っている道で戻る予定であったが、途中で川沿いで知らない道を走るのも面白そうだと思い、直進せずに左折した。
 
この大津川沿いとなる道は、途中から素晴らしい河川敷の道となったが、長くは続かなかった。
 
大津川沿いの河川敷
 
しばらくは知らない道を走っていたが、途中で知っている道に出ることができた。
海までの往路は10kmほどであったが、復路は遠回りとなってしまい、後半は上りも多く、結構疲れてしまった。
 
今回のRunkeeperの結果は、以下の通りとなった。
 
 
 
 
今回、「run旅」を始めて、新鮮で辛くもなく、めっちゃ楽しいものであった。
来週の目的地はまだ検討中であるが、今から楽しみである。
 
只、週半ばには、ポイント練習をしないといけない。
まだ、メニューは案の段階で、そろそろ決めなくては・・・。
 
ポイント練習用では、早速GPSウォッチを購入したので、まずは使い方を練習しないといけない。
 
さて、これでサブ3.5は、いけるのだろうか。
全く不明である。