『よしま』山荘【マラソン編】

マラソンと日常を綴るブログとなります。 ホームページ『よしま』山荘 から、【マラソン編】のブログです。 初フルは、3.5ヶ月の練習で、サブ4を達成!  次走では、サブ3.5を達成! 今後もレベルアップしたいが・・・。

🍅とまと娘🍅

小2の娘は、トマトが大・大・だ~い好き ♪

食卓の大皿に、トマトが並ぶと、いつの間にか、残りわずか。。。

 

普通の大きさのトマトに、ミニトマト、トマトなら何でも大好き!!

だから、トマトが食卓に出る日は、小6の息子と二人で、先にトマトをキープ。

 

そんなこんなで、トマトが出る日は、油断ができない。

 

1ヶ月近く前には、嫁の父から、ミニトマトの苗を、2鉢頂いた。

娘は丹精込めて、初め数日は、水をあげていたが、いつしかわたしが、偶にあげることに。。。

 

日に日に、どんどん育ち、最近、赤い実を付けた。

 

f:id:yoshima531:20170620225621j:plain

 

あまり水をあげていないが、しっかり育ってくれた。

(ネット調べでは、水分が多いと大味になるので、あまり水をあげないほうが、良いとのこと)

 

f:id:yoshima531:20170620225633j:plain

 

まだまだ、これからです ♪

 

f:id:yoshima531:20170620225643j:plain

 

今日、初めての収穫は7個 ♪

(娘3個、息子2個、嫁とわたし1個ずつ)

 

f:id:yoshima531:20170620225543j:plain

 

トマトといえば、わたしが小学生のときは、砂糖をかけて食べていた。

母がかけてくれるので、これが普通かと思いきや、友達の家ではしていない。。。

 

どうやら長野県や東北地方の一部では、砂糖をかけるらしい。(ネット調べ)

このとき、神奈川県に住んでいたが、わたしの両親は東北出身。

 

なるほど。

 

小学生のときは、あまりトマトが好きでなかったが、砂糖をかけると、美味しく頂けた。

でも、今、砂糖をかけるのは、ちょっと抵抗がある。

 

数日前に、ミニトマトは赤くなったが、収穫時期が不明であった。

ネットで調べると、赤くなれば、もう取っても良いらしい。

 

だが、それよりも、ネット情報で、有機質肥料か化学肥料を与えると、甘くなるということが、非常に気になった。

一切、肥料は与えていないので、どこまで酸っぱいのやら。

ちょっと怖い・・・。

 

酸っぱいのを覚悟して、一番小さいミニトマトを食べると、・・・!?

 

全く酸っぱくない。

逆にちょっと甘い ♪

予想外であった!

 

水をあまりあげず、太陽の光を十分に浴びていたのが、良かったのかもしれない。

 

今後も、まだまだ、トマト争奪戦は続く。

 

あと、今日はランオフです。

 

おしまい。

 

 

よろしければクリックをお願いします